2009年02月15日

勝手に翻訳チュートリアル その1

こちらのブログ

http://caffeineabuse.blogspot.com/

XSIのブログなのですが、運営者はスウェーデンのOla Madsenさん。

英語がわからなくてもなんとかなる素敵なブログ( ゚∀゚)

内容はXSIの基礎操作覚えた位の初級者向けですが、基本的な機能を使って色んなことしてくれてます。

私みたいにXSIを専門学校でCGム−ビー作るための必要最低限の学習しかしていない人間にとっても地味に役立つかと(´・ω・`)

てことで半分復習兼ねてこのブログでちまちま練習してみたいと思います。


まずはこの記事
http://caffeineabuse.blogspot.com/2008/08/leaving-footprints-in-snow.html

簡単に言うと、デフォームのプッシュの使い方です。
プッシュ使うときは服とか作るときにちょっと使ってたくらいでしたがこれは案外使うかも。

グリッドを取得。ちょっとハイメッシュにして軽くランダマイズかけます。(画像はブログからお借りしてます)
画像ではランダマイズでリピート増やして更にスムーズかけてますが、テストするだけならなにもかけなくていいと思います。

Footprints_01.jpg

取得>プロパティからテクスチャマップ取得。
新規で適当に作ったアルファ画像を適用。UVはXZで。
張った画像の編集で外挿>後に外挿の保持を100にしてるんですが…なんでだろう?(;・∀・)
これ数字弄らなくてもちゃんとなります。だれか訳を教えて!

Footprints_02.jpg

デフォーム>プッシュを適応。ふり幅-0.25に。
スライダ隣にあるコンセントみたいなマークをクリックして接続。
先ほど作成したテクスチャマップを割り当てる。
すると画像に従って変形してくれます。
大きさと場所はテクスチャサポートで動かせます。

Footprints_03.jpg

以上。


接続なんて使ったことありませんでしたww
なんだそれだけか。といってしまえばそれまでですが基本的なことを細かいところまでしっかり知っていることはとても大切なことだと思います。

今回書いてみて思ったんですがチュートリアル的なブログやってる人達ってすごいな〜と思いました。

だって他人が書いたの紹介するだけでこんなにめんどくさいもの(;・∀・)
posted by shocker at 02:32 | Comment(0) | CGのお勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。