2009年08月10日

勝手に翻訳チュートリアル その4

勝手に翻訳チュートリアル第4回目です。

※不定期更新なので毎回説明入れときます。
●説明
スウェーデンのOla Madsenさんが運営するXSIのチュートリアルブログCaffeine Abuseを英語が全くできない私が、勝手に翻訳して紹介するシリーズです。

このサイトは素敵なことに記事ごとにプロジェクトファイルを用意して配布してくれています。Ola Madsenさんに感謝。



というわけで今回は勝手に翻訳してしまうのはこれだ!!

「Tail Motion 」
http://caffeineabuse.blogspot.com/2008/08/tail-motion.html

今回は至ってシンプルです。
タイトルの通り尻尾っぽい動きの作成ですが、リグ組んだりエクスプレッション使ったりとかはありません。

あまり使うことのない…というかこれいつ使うんだろ?って疑問に思ってた機能の紹介みたいなものです。

これ↓
TailMotion01.jpg

日本語だと「加算」って書いてあります。

画像のように複数選択して加算で回転させると文字通り「加算」された動きになります。

ん〜言葉で説明しにくいですが、それぞれのオブジェクトが親子関係を保ったまま個々に回転してくれる…とでも言えばいいのだろうか(;´∀`)


まぁそんな感じで全部選択した状態で適当にキーフレーム打つだけでこんな感じになってくれます。



ちなみにテスト兼ねてHD(720p)でアップロードしてみましたんでHDどれほどのもんよって方はHD表示で観てみてくださいな。



これだけだと微妙なので、Fカーブでちょっとずつ遅らせてみます。
TailMotion03.jpg

するとこんな感じになります。




以上、尻尾の動きチュートリアルでした。

たまには「加算」を思い出してあげてください…的なチュートリアルでしたねw

気付いてないけど便利な機能とか、実はこんなオマケも付いてましたとかまだまだたくさんある気がします。
XSIだけじゃなくこういうのは多いと思うので、作業効率を上げるためにもさまざまな機能を試して使っておきたいですね。


posted by shocker at 00:11 | Comment(0) | CGのお勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。